お問い合わせ・ご予約はTEL(0740)22-5250
インプラント

インプラントとは、失った歯のかわりに、人工の歯根を埋め込み、人工の歯を取り付ける治療です。失った歯が蘇るので、最大のメリットは、自分の歯のように噛めるようになることです
失った歯を蘇らせる意味では、入れ歯も同様ですが、通常の入れ歯はインプラントのように固定をしないので、どうしても動いてしまいます。
また、インプラントのメリットとして、残っている歯を保護する効果があります。部分入れ歯の場合、抜けてしまった歯の手前に入れ歯を固定させるためにバネをかけます。当然、バネをかけられた歯は負荷がかかります。負荷がかかると本来健康な歯が悪くなり、部分入れ歯の範囲が広がっていき、最終的には総入れ歯になってしまう場合が多くあります。
そういう意味では、総合的に考えると、インプラントを少数歯の間に入れるのは、他の歯を保護する予防の意味もあります。
インプラントのデメリットは、外科手術が必要になるという点です。手術前には、レントゲンやCTで検査をし、様々な角度で診断し、最大限のリスク回避をしますが、手術ですので「絶対安全」とは言い切れません。
また、治療期間も最低でも3ヶ月、一般的には半年くらいかかいます。ブリッジが2ヶ月くらいの治療期間ですから、時間はかかる治療です。

【大口式インプラント】骨を削らないインプラント治療

当院では手術の際にドリルをほとんど使わないインプラント法「大口式インプラント」を導入しています。
「大口式インプラント」は、ドリルの代わりに特殊な器具を使うことで、優しくゆっくりインプラントを埋入して行く治療法です。

インプラントができない患者様とは?

インプラントは、骨に人工の歯根を埋入するので、骨が弱い人や傷の回復が悪い方はインプラントができない場合があります。

骨粗しょう症の方の場合

骨粗しょう症の方の場合、骨密度についてはCTで検査するので把握できます。ただし、骨粗しょう症で薬を服用されている場合、薬によっては治癒力を妨げる場合がありますので、事前にご相談ください。

糖尿病の方の場合

糖尿病の方は、傷の治りが悪く、感染しやすいのであまりおすすめできません。ただし、ある程度血糖値等をコントロールされている方であれば、できないわけではありません。実際に糖尿病でもインプラントをされている方もいらっしゃいます。とはいえ、リスクを考えると難しい場合があります。

大口式インプラント

インプラントというと、「ドリルで骨を削る」イメージを持たれる方も多いかと思います。
以前は、ドリルで骨を削るインプラント手術が一般的でしたが、当院では手術の際にドリルをほとんど使わないインプラント法「大口式インプラント」を導入しています
「大口式インプラント」は、ドリルの代わりに特殊な器具を使うことで、優しくゆっくりインプラントを埋入して行く治療法です。骨をほとんど削らないため、出血もあまりないことが特徴です。
従来のインプラントに比べて、安心して安全に受けられる体にやさしい治療法として、多くの患者様に支持されています。

「大口式インプラント」のメリット

1.骨を削らないため、出血が少なく、体にやさしい。
2.ドリルを使わないので、ドリル音や振動がなく、安心できる。
3.骨そしょう症の方でもインプラント治療を受けられる。

従来のインプラントでは、ドリルで骨を削る際にあごの骨を削りすぎてしまったり、神経を傷つけてしまうケースもありました。
大口式インプラントの場合、はじめに小さな穴を開け、徐々に必要な大きさまで穴を広げていくので、体にやさしく、安心して治療を受けることができます。
また、骨に穴を開けて広げていく中で骨が強くなるため、骨が軟らかい方でもインプラント治療が受けられることもメリットのひとつです。




 前川歯科医院
滋賀県高島市今津町
今津1979-7
TEL:0740-22-5250
FAX:0740-22-9715
アクセスはこちら
診療時間
午前 9:00~12:00
午後 2:00~7:00
(水曜午後:6:30まで)
(土曜午後:5:00まで)
休 診
木曜・日祝日
トップページ ご挨拶 診療方針 診療内容のご案内 院内設備 自費治療のご案内 インプラント
クラウン インレー 入れ歯 矯正治療 予防歯科 料金表 医師・スタッフ デンタルニュース
Copyright©Mekawa Dental Clinic All Rights Reserved